f-daisaku_a+a_blog

daisakuaa.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:堂山町の家( 15 )


2008年 07月 17日

堂山町の家 2008

16坪の敷地に 家族5人の小さな家 「堂山町の家」が完成しました。
道路幅員も狭く 法的制限の厳しい中 要望のボリュームを確保し、快適な居住環境をつくる
事ができるのか。その事が非常に難しかった。
今回は天空率を利用し、階高をギリギリまで調整する事でなんとか3F建てを実現する事がで
きました。

f0136906_13411964.jpg
f0136906_13414810.jpgf0136906_13421187.jpg

外壁はガルバリウム鋼板(黒)と米杉の板張りでコントラストをつけてシャープで落ちついた
佇まいに仕上がりました。

f0136906_1348242.jpgf0136906_13485682.jpg

玄関土間はクライアントが幼少期を過ごした京都の町屋の風景をイメージさせるつくりに。
床に使われてる石は「電板」といって路面電車の敷石に使われるものを探し クライアント
自ら購入、設置までしてくれました。
この石一番分厚いもので15cm程もあり重さは80キロもあったそうです。
重量もさることながら使い込まれたアジ、風格がにじみ出ています。
当日は旦那さんと上の息子さんで1日がかりで設置してくれました。
いい思い出になった事でしょう。

f0136906_13584512.jpg

洗面の壁、カウンターには青のモザイクタイル。これはご夫婦が新婚旅行先のギリシャで見た
タイル絵のイメージから選ばれました。トイレ仕切に使ったガラスもレトロ感覚で雰囲気ありま
す。

f0136906_1455358.jpgf0136906_1461344.jpg

2階には 決して広くは無いリビング、ダイニングですが風通しがよく大きく開けた北の窓から
のどかな田んぼの風景が広がります。
キッチンは奥さんの希望でオールステンレス。「ガスオーブンを使っての料理が楽しみ!」と
奥さん今から大はりきりです(笑)。

f0136906_1417251.jpgf0136906_1418521.jpg

家の中央に配置された階段。小さい家なので格子を使って透かしてデザインし空間が切れ
ないように配慮しました。段板はパイン無垢36mm 力桁米松 格子は米栂

f0136906_14245672.jpgf0136906_14321891.jpg

3Fは子供空間 高さ制限が厳しいので梁、構造用合板をむき出しにしてボリュームを確保
してます。子供にはこれぐらい大雑把な空間があってると思います。

内装は 壁 珪藻プラスターコテ押え 床 フレンチパインオイルフィニッシュ
天井構造用合板 一部珪藻プラスター塗り サツマヨシベニヤ

一緒に岐阜にあるキッチンアウトレットを見に行ったり 石を探して京都に行ったり ついでに
お寺を見に行ったり ラーメン食べに行ったりと色んな思い出が走馬灯のように・・・

※見学会 7月19、20日にあります。よろしければ是非!
 台風が近づいてるそうですね(またまた雨男のせいなのか・・・) 
[PR]

by f-daisaku118 | 2008-07-17 14:50 | 堂山町の家
2008年 07月 11日

見学会のお知らせ

堂山町の家が完成しました。
今回、お施主さんのご好意により見学会を下記の日程で開催させていただくことになりましたのでご案内させていただきます。よろしければご参加ください。

■日時 7月19日(土)AM10:00~PM5:00
      7月20日(日)AM10:00~PM5:00

■場所 大阪府枚方市堂山町                          
      

■連絡先 藤森大作設計事務所 藤森大作
       t+f 072-397-4040    m 080-3105-5115
       e-mail f-daisaku118@y9.dion.ne.jp

※個人住宅ですので、事前申し込み制とさせて頂きます。
FAX・メール等で連絡先、氏名、住所をお知らせ下さい。
地図等の資料を送付致しますのでよろしくお願いいたします。
[PR]

by f-daisaku118 | 2008-07-11 15:18 | 堂山町の家
2008年 07月 04日

足場外れる

暑い・・・ 事務所でとうとうエアコンを入れてしまいました。皆さんいかがお過ごしですか?
設定は27℃にしてますがエコとは言えないですね・・・。

さて堂山町の家の足場がとうとう外されて全貌があらわになりました。
外壁はガルバリウム鋼板(黒)、米杉 板張りでシャープで落ち着いた佇まいに仕上がったように思います。

f0136906_1325481.jpg
f0136906_13271952.jpgf0136906_13274471.jpg


内部の左官工事も大方終了し後は細部の仕上げや棚の取り付け 手直しもチョロチョロ。
現場では左官職人の河野さんがモルタルに墨を混ぜて色の調合をしてくれています。濃・中・薄 の3種類のサンプルを作ってもらい 乾いてから色具合を決定します。
猛暑の中お疲れ様です。

f0136906_13473796.jpgf0136906_13475942.jpg
[PR]

by f-daisaku118 | 2008-07-04 13:48 | 堂山町の家
2008年 06月 16日

堂山町の家 経過

暑い・・・ 西陽 直撃の事務所に つらい季節がやってきました。
(冬は冬でシベリア超特急なんですけど)
まだエアコンつけるには早すぎる気もするし・・・ 
網戸のついてない窓開けて 蚊と格闘しながら図面かいてます。
体中に蚊取り線香のにおいが・・・

さて「堂山町の家」も家具取り付け、内装に入り バタバタと慌しくなってきました。
2fリビングの階段廻りは落下防止を兼ねてタテ格子を入れました。
陽がさすと 床にきれいな影を落としてくれてます。

f0136906_1340953.jpg


今週から左官工事も始まり、上の階から職人さんが色んなコテを使い分けながら
珪藻プラスターを塗っています。壁、一部天井と塗り面積多いので職人さんも
「塗り応えあるわ」と苦笑い。よろしくお願いします。
  
珪藻プラスターのしっとりした肌触りがいいです。

f0136906_13404961.jpgf0136906_1341328.jpg
f0136906_13412257.jpg
[PR]

by f-daisaku118 | 2008-06-16 14:15 | 堂山町の家
2008年 06月 10日

堂山町の家 経過

夏休み前の引渡しに向けて 堂山町の家も佳境に入り
週末から左官工事(珪藻プラスター)が始まるので大工さん、
家具屋さんがんばってくれてます。

写真は棟梁の滝さんが苦心して納めてくれた2F階段廻り
まだ階段は架かっていないんですけど軽やかな階段に
なることでしょう

渋い仕事してくれてます。

f0136906_12113763.jpg
[PR]

by f-daisaku118 | 2008-06-10 12:12 | 堂山町の家
2008年 05月 30日

石探しの旅

先日 「堂山町の家」お施主さんと玄関土間に入れる石を探しに京都へ
探してる石は 「電板」と呼ばれるもので 路面電車の敷石に使われていたものなんですが
経年劣化と車に踏まれていくことで 表面に丸みが帯びていて新品にはない趣があります。
しかしこれがなかなか出回っていないんです。
このときもやっとネットで入荷の情報が入ったので急いで見にいったんですが「入ったその日に売れちゃいました」とのこと。  _| ̄|○

古材は なかなか手に入らないもんですねえ 高いし・・・

お施主さんが何故この 電板 に執着してるのかと思って 色々話をしてると 小さい時 京都に住んでいてその家の前の路地のイメージが強烈に残っていて その路地にあった敷石の雰囲気を今回の玄関に作り出したいとのことだったのでした。

ということで以前幼少期を過ごしていた家の路地にも立ち寄ってもらいました。

f0136906_11474714.jpgf0136906_114849.jpg


祇園なんかにある路地とは違い 生活が感じられる路地 一歩足を踏み入れると小さな単位の町内があり 安心感があって心地いい。限られた空間ではあるが子供達が遊びまわるには丁度いいのでしょう。お施主さんも小さい時 ここでよく遊んでいたそうです。
今回決してお世辞にも大きな玄関とはいえないが 何とかこの雰囲気を出したいと思うのでした。

この日はお施主さんの行きつけのラーメン屋さん「ランタンらーめん」にも連れて行っていただきました。
またここのラーメンがあっさりしてるけどもコクがある 癖になる味!深いのです。
元々屋台からスタートしてお店を出したそうで 当時の屋台で使われていた ランタンから名前をとったそうな・・・(お施主さん談)

f0136906_12101949.jpg
f0136906_12105098.jpg


京大病院の前にあります。近くにいくことがあれば是非行ってみてください。お勧めです!
[PR]

by f-daisaku118 | 2008-05-30 12:13 | 堂山町の家
2008年 05月 23日

堂山町の家 経過

f0136906_11544799.jpg堂山町の家も外壁のガルバリウム鋼板が貼られました。今回は黒でシャープなイメージに。
南側は板張り(レッドシダー)を貼って黒いガルバリウム鋼板との対比が狙いです。

内部の造作も進んできましたが タテ格子、3枚引き込み戸、吊押入が絡む部分に大工の滝さんは悪戦苦闘中!
よろしく頼みます。m(_ _)m

f0136906_1265129.jpg
[PR]

by f-daisaku118 | 2008-05-23 12:09 | 堂山町の家
2008年 04月 16日

堂山町の家 経過

「堂山町の家」も建て方が終わり 外壁の構造用合板を打ち付け ガッチリとした印象になってきました。高さ制限の厳しい中で3Fタテを実現するため 階高を抑えて設計しており 部分的に(いや大半かな?)天井を貼らずに計画してるので構造が表しになります。
照明計画、配管ルートの確保が難しい・・・

f0136906_13355856.jpg

f0136906_13362728.jpgf0136906_13364347.jpg
[PR]

by f-daisaku118 | 2008-04-16 13:38 | 堂山町の家
2008年 04月 09日

堂山町の家 建方

「家がたつ ああ 家がたつ 僕の家じゃないけれど・・・」懐かしいCMのフレーズ。
皆さん知ってますか?

「堂山町の家」 建方 棟上が行われました。
今まで模型、スケッチでイメージをしてたものが実際のスケール1/1になって目の前に現れてきます。
「おおおおお!」 設計者 感動の瞬間!

f0136906_20134262.jpg

f0136906_201457.jpgf0136906_20141955.jpg


そろそろ花粉症もおさまってきそうだし監理に力いれねば!
[PR]

by f-daisaku118 | 2008-04-09 20:18 | 堂山町の家
2008年 04月 06日

柱選び

f0136906_18352434.jpgf0136906_1835395.jpg

「堂山町の家」にいれる桧の化粧柱を確認するため 京都郊外のプレカット工場へ
工場の前には桧柱が山ほど積まれており その中からいい状態の柱 3本を選択する
一緒に行ったAさんと 1本1本 柱を持ち上げ くるくると4面くまなく見る。
柱は思ったより重たいのだ。大工さんは大変です。

「この死節がダメ!」「これは芯がずれてるからダメ!」「木目が粗すぎるからダメ!」と全ての柱をチェックし ようやく3本の化粧柱を決定。
Aさんは平気にしてるがfujiは腰が痛い。

運動不足は深刻です・・・_| ̄|○

 
[PR]

by f-daisaku118 | 2008-04-06 18:48 | 堂山町の家