f-daisaku_a+a_blog

daisakuaa.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2007年 04月 27日

障子

昨日、民間検査機構による完了検査も無事終了し、後は引き渡し期間まで手直し工事等の残工事を慌しくしていかなければなりません。マメに現場に足を運んで最後クライアントに満足してお渡しできるようにしなければ。
昨日2Fのリビングにクライアントの希望で急遽取り付けることになった障子が建て込まれました。空間の広がりを持たせるため組子のピッチを大きくして障子というよりも光を透過する壁のように見えます。
f0136906_1215994.jpg

[PR]

by f-daisaku118 | 2007-04-27 12:23 | 八尾の家
2007年 04月 23日

灯り

f0136906_1628269.jpg
今日は、昼からyamagiwaショールームへ八尾の家のダイニングに取り付けるペンダント照明の確認に。ダイニングに障子(割付を大きくして桟の見付けも大きめの通称吉村障子)やスクエアなデザインが多いので照明は柔らかな光源だけというものにしたかった。
今回はジャスパーモリソンのGLO-BALL このデザインなんとも愛らしくないですか?
※右の写真はイメージ写真です

しかし照明器具はカタログで色々さがして気に入ったものを探すのも大変だし、気に入った形のものがあっても特殊なランプで取替えが大変だったり下手したら取り寄せだったり、取り付けのシーリング部分がやたらごつかったり・・・なんとかなりませんかねえ
[PR]

by f-daisaku118 | 2007-04-23 16:51 | 八尾の家
2007年 04月 21日

浴室

f0136906_1781974.jpg
八尾の家の浴室は2階にあります。計画当初から奥さんの要望で洗面、浴室は2階でまとめて欲しいとのことでした。設計者としては防水の面を考慮してハーフユニットの提案等もしたが旦那さんの「どうしても床を石張りでいきたい」との強い要望がありましたので在来に踏み切りました。工事が始まってからも現場監督の坂本君、浜口さん、設備の馬木さん、防水屋さんと打ち合わせをかさねて「これなら大丈夫」ってことに。

仕上げは壁、天井が桧縁甲板貼り(設計はサワラでしたが現場で変更しました)。床、腰下は青森青石。桧のとてもいい香りが広がってます。
旦那さんは大のお風呂好きらしいのですが奥さんはからすの行水らしい。
これを機会にゆったりと長風呂を楽しんでくれるようになればいいなあ
[PR]

by f-daisaku118 | 2007-04-21 17:10 | 八尾の家
2007年 04月 19日

完成間近!

f0136906_19314732.jpg年明けから着工した八尾の家も完成が近づいてきました。
内部は浴室の石工事(青森青石)、桧板張りや塗装工事、建具、家具の搬入など目白押し!
もう少し現場が落ち着いたらUPします。
着工が遅れた為にお施主様には非常に迷惑をかけてしまいました。(本当はお子さんの小学校入学にあわせて引き渡しの予定だったのですが・・・)

白州そとん壁も色が抜けて本来の白色に。テラスのタテ格子が付いたファサードです。クライアントも気に入ってくれてる様子でホッとしました。













f0136906_1930356.jpg
[PR]

by f-daisaku118 | 2007-04-19 19:34 | 八尾の家
2007年 04月 16日

火鉢

昨日は戸建リフォームの打ち合わせに地元枚方の現地へ。初めてお会いするクライアントと挨拶を交わしお家にお邪魔してからはクライアントの趣味や好きな北欧家具、旦那さんの仕事(今回は自宅でお仕事をされるSOHOタイプの案件です)の話等などたくさんの話をした後、現地調査で屋根裏のスペース、窓から見える景色、設備位置などを確認した。
一通り打ち合わせも終え帰る間際になって部屋の隅にある木製(ケヤキかな?)火鉢を発見!上にガラスをのせてテーブルとして使用されていた。
f0136906_20245081.jpg
旦那さんには思い入れの深いものらしく大事にメンテナンスをしてるようで「この火鉢に合う和室を作ってください」とのこと
責任重大だ。
[PR]

by f-daisaku118 | 2007-04-16 20:28
2007年 04月 10日

白州そとん壁

ついに八尾の家の足場が取れ左官屋さんの出番です。
写真は上塗りした白州そとん壁を乾燥させた後掻き落とし、ワイヤーブラシで整えてるところです。
f0136906_19535070.jpg

まだ少しグレーかかってますが乾燥が進むともっと白くなってきます。
職人さんの手仕事で作られるテクスチャーはやはりいいもんです。

f0136906_202789.jpg

これからテラスにタテ格子が取り付きます。メキさん、相川さんがんばってください。
[PR]

by f-daisaku118 | 2007-04-10 20:07 | 八尾の家
2007年 04月 09日

建築写真

昨日は建築写真家母倉さんが新しく竣工した歯医者さんを撮影に行くということだったので手伝いがてら見学させてもらうことになりシンクスタジオの杉本君と朝早くに待ち合わせをし母倉さんと合流し京都市左京区の現場に連れて行っていただいた。
建物はとても端正なプロポーションで平屋たて 中庭を中心に回遊できるプランが気持ちよく機能的でおもしろかった。設計は京都で活躍されてる沢村さんです。
ただそれよりも現地に着いた途端3人の目が点になるほどの開院祝いの花の数!外回りはもちろんのこと建物の中は待合から廊下から診察室にいたるすべての場所に花・花・花・しかも胡蝶蘭や見たことも無いような高価そうなな花ばかり。多分杉本君は同じことを考えたと思う。「えらいとこに見学にきてしまった・・・」と。
早速片づけをしながら撮影がはじまり、母倉さんがどういったところに目をつけて写真をとってるのか後ろにつきながら見てまわった。午前中の写真を一通り撮り終えてから夜景までの撮影の間近所の建物を見てまわることになり自分の希望で大谷幸夫さんの京都国際会議場と村野藤吾さんの宝ヶ池プリンスホテルにいくことに
f0136906_10323568.jpg

国際会議場は最近の近代建築にはない圧倒的な存在感!コンクリートでつくれる造形を「これでもかー」というくらい追求してる。大谷さんがこの建物にどれだけのエネルギーを注いでたのかと思うと自分が恥ずかしくなり脱帽しました。
外観も素晴らしいのですが一歩入り込むと「おおおおおーーー」思わず「かっこいい!」と一般人の感想をもらしてしまった。
f0136906_10415448.jpg

上の写真は自分がとったものですが建築写真家母倉さんが撮った写真が下です。
f0136906_10432853.jpg

やっぱり全然ちがう・・・これまた杉本君と「おおおお さすがプロ」

ほんとはホールにも行きたかったのですが受付のお姉さんに止められてしまい断念!
悔しさを胸に外回りの写真を母倉さんの建築写真指南を受けながらとってまわり、お隣のプリンスホテルへ、円形の中庭が気持ちいい。ここでも母倉さんの写真指南!「この曲線を強調するように」。母倉さんがとってくれた写真がこちら
f0136906_10542955.jpg

「おおおお」
この後は夜景をとりに戻り、最後に鬼のような数の花を元通り戻し掃除をすませ終了。帰りは3人で横綱ラーメンを食べて帰宅。疲れた・・・
[PR]

by f-daisaku118 | 2007-04-09 11:02 | 建物探訪
2007年 04月 05日

ラワンベニヤ


f0136906_1935298.jpg現在進行中の現場「八尾の家」の天井はラワンベニヤにワックス仕上げ。とても安価な材料でクセが強いし目も粗く一般的には押入などに貼られる材料です。
今回は現場でできるだけ色目を合わせてもらい小口も大工さんに丁寧にカンナをあててもらいました。表面にもワックスをかけることでいい色味がでてきました。

現場も大詰め!訪れる度に変化があり楽しいのですが、チェックを厳しくしていかねば。











事務所の壁・天井にもラワンベニヤ貼ってます。こちらは予算の都合上4mmを使ってるので多少たわんでるところもありますがなかなかいいもんですよ。
f0136906_1944532.jpg
[PR]

by f-daisaku118 | 2007-04-05 19:06
2007年 04月 02日

鶴橋

週末 設計仲間と建物見学をした後鶴橋へ。鶴橋といえば当然焼肉。
言わずと知れた激戦区!どこもおいしそうなのだがその中で一際異彩を放つ焼肉屋を発見
その名も「ホルモン焼肉 空」
そういえばTVでみたことがあった 深夜番組の「吾郎sbar」 ここにsmapの稲垣吾郎が来てたかと思うと結構笑える。
2.30分並んで 「2階どうぞー」。期待に胸膨らまし階段へ巾50センチくらいでしかも急勾配!這うように上ると正直「ここ店か?」と思ってしまう。
メニューはホルモンが充実!特に店員さんのおすすめの「ハチノス」は絶品。そのほか油好きのA君と自分にはたまらない「ホソ」などなど
ホルモンがメインなので料金も控えめ おすすめです。
f0136906_10152447.jpg
 
f0136906_10153820.jpg

[PR]

by f-daisaku118 | 2007-04-02 10:19 |